いじめ相談・調査なら

【スポンサーリンク】

いじめの相談は調査できるところで

いじめ相談や調査は年々増えています。

 

子供から大人まで、今、全国的に問題になっている、いじめ問題。
いじめられていることを誰にも相談できず、ひとりで悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

 

年々、悪質ないじめも増え、解決するには複雑な状況となってきているのも事実です。

 

まず、お子様のいじめのお話をするならば、
お子様の様子がいつもと違うという日が続き、もしかして学校でいじめられているのではないかと
心配している親御さんもいることでしょう。

 

朝、布団から出てこない、学校に行きたがらないといった分りやすいものから、
学校のことをあまり話さなくなった、友達が家に遊びにこなくなった、
表情が暗いことが多くなったなど、
子供のちょっとした変化が、いじめのサインになっていることもあります。

 

子供の持ち物がよく無くなる、衣服や持ち物が汚れていることが多いといったことがあれば、
いじめが深刻なレベルに達している可能性があります。

 

親にいじめられていることを言えず、自分ひとりで抱えていることが多くあります。

 

すると事態はさらに悪化し、あってはならない最悪の結果を招くことも、考えられます。
日常生活で子供のサインを見逃さないようにする必要がありますが、
それについては後の記事で詳しく紹介していますので、そちらを参考にされてください。

 

いじめの証拠がないと、先生に相談しても、頼りなかったり、
自分のクラスでいじめがあると評価が悪くなると思うのか?関わってくれない先生や
中には先生も一緒になっていじめをするという場合もあるそうです。

 

学校に相談すると、学校のイメージなどを気にしてそんな事実はないだのと、
突き放されることもあります。

 

少しでもいじめの実態を早く認めさせ、解決に動いてもらうには、証拠がとても重要なので、
相談をするなら、調査もできるところのほうが、段取りがスムーズだったりします。

 

また、いじめは学校に通う子供たちだけの問題ではありません。

 

近年では、職場でのいじめ、ママ友の中でのいじめ、近所でのいじめなど、
大人になって社会に出てからでも、いじめで悩む人が多くなっています。

 

どのいじめも、いじめられている人にとっては人生に暗い影を落とす、
辛い深刻なものとなっています。

 

大人のいじめ

大人のいじめは、職場、近所、ママ友など様々ですが、
子供以上に、心を許して相談できる相手が少なく、自分ひとりで抱えてしまいがちです。

 

学校でのいじめのように教師やスクールカウンセラーなど、
中立的な立場で話を聞いてくれる人も周りに少なく、
また、子供のいじめと同じように、自分がいじめられているのを知られたくないという気持ちから
人に相談することができず、ひとりで悩んでいる人が多くいます。

 

もしこのサイトを見ているあなたが今「いじめ」の被害に遭っているとしたら、
また、お子様がいじめに遭っているのではないかと思っているとしたら、
それはすでにとても深刻な状況になっているのではないでしょうか。

 

周囲に相談できる人がおらず、
インターネットでいじめについて調べるほど、追い込まれているのではないでしょうか。
辛く、暗く長いトンネルを通っているような状況かもしれません。

 

いやなら転職するか?いやなら引っ越しするか?
そんなことも何度も頭をよぎったことでしょうが、引っ越せない事情や
就職困難なこのご時世、
環境を変えようにもリスクが高く、そう簡単にはいかないのが現実ですよね。

 

ですが、今のまま何もせず、いじめ問題をただ我慢して放っておくと、
重大な事件に発展することも考えられます。
そうなる前に、いじめ解決のための機関に一度相談してみてはどうでしょうか。

 

年々深刻になるいじめ問題に対応するために、最近では探偵事務所や興信所が、
いじめに特化した調査や解決をしてくれる、
「いじめ相談所」なるものが多数存在しています。

 

まずはメールや電話で気軽に無料で相談できるので、
誰にも知られることなくいじめの相談に乗ってもらうことができます。

いじめ解決には証拠がいる

いじめ問題の解決に重要なことは、証拠集めだと言います。
いじめ相談所では、調査員のノウハウを生かして、学校や職場でのいじめの現場を押さえたり、
有効な証拠をたくさん集めたりして、いじめ解決につなげているようです。

 

最近のいじめは悪知恵を働かせエスカレートしているものも多く、
素人だけでは、証拠が掴みにくい現状になってきていることも事実です。

 

もし、いじめの被害に遭っている場合は、
自分でも、日頃からいじめの内容を日記に残しておいたり、可能であれば会話を録音したり、
メールの文面を残しておくなど、
とにかく証拠になるようなものを自分なりに残しておくといいでしょう。

 

ただ、証拠が相手にみつかってしまった場合には没収される可能性があったり
日記の残し方にもコツはいります。
プロの力を借りて法的手段に有効といえる、確実な証拠を掴む必要があるのです。

 

いじめについて相談できる機関には、アフターフォローに力を入れているところが多く、
電話で24時間相談に応じてくれる機関や、もし、採取的に法廷で裁判が必要になったときにも、
法廷でのアドバイスや対策をしてくれたり、
専門の弁護士を紹介してくれる制度を持った機関もあります。

 

学校でのいじめを解決したい、職場や近所でのいじめを解決したい、
また、加害者に謝罪してほしいなどと思っていても、残念ですがひとりの力では
それが叶わないことがほとんどです。

 

逆に、被害者の方が転校や自主退社に追い込まれてしまったり、
最悪の場合自殺に追い込まれることも。
そうならないためにも、専門家に相談に乗ってもらうことはかなり有効だと言えるでしょう。

 

第三者に話を聞いてもらうことで、気持ちも少し軽くなるかもしれません。

 

ひとりで悩みを抱えている人は、まずは相談してみてはどうでしょうか。
力になってくれる人がいるということは、とても心強いものです。

【スポンサーリンク】