いじめのサイン

いじめのサインとは

子供が言葉以外で助けを求めているいじめのサインに早く気づくことは親の責任でもあります。

 

もちろん学校でのいじめは、親には分かりにくい場合があります。
親ばかりではなく、教師も気づかない、または気づかないふりをしている場合もあり、
いじめが発覚したときには、すでに取り返しのつかない状況になっているケースもあります。

 

いじめられている子供は、親や教師、友達にも、自分がいじめられていることを言えなく、
自分でも認めていないことがあります。

 

先生や親に言ったのがバレると、さらにいじめがひどくなるかもしれない、
弱い人間だと思われたくない、叱られたり責められたりしたくない。

 

大人は力になってくれない、言っても解決できるわけがない、などと思っているのかもしれません。

 

特に、親には心配をかけたくないと考え、言い出せない子供も多くいます。

 

「いじめられている」と言葉には出さなくても、
いじめられている子供はいつもと違う行動や言動を起こすことがあります。

 

子供が発する、ちょっとしたサインを見逃さずに受け取ることで、
いじめを防止、また、すでに起こっているいじめを早期に発見することができます。

 

日常の様々な場面で、いじめのサインが出ているかもしれません。
チェックリストを参考に、子供の様子を定期的によく見てみましょう。

朝、登校前のチェックリスト

□朝、起きてこない、布団から出てこない
□朝、体の具合が悪いと訴える、体調不良で学校を休みたがる
□登校の準備に、極端に時間をかけるようになった
□遅刻や早退が増えた
□食欲がない、朝食を食べない
□食事中に会話や笑顔がない
□家族との会話を避ける
□朝食(夕食)家族と一緒にとりたがらない
□忘れ物が多くなる
□一人で登校している
□途中で、家に戻ってくる

帰宅後、自宅でのチェックリスト

□勉強に対する意欲が下がる
□集中力がない
□家族との会話が減る
□部屋に閉じこもりたがる
□必要以上のお金を欲しがる
□家からお金を無断で持ち出す
□携帯電話のメールや着信音に怯えた様子がある、いつも気にしている
□友達が遊びに来ない、遊びに行かない
□子供同士の遊び中で、からかわれたり、命令されたりしている
□服が汚れていたり、破れていたりする
□理由が不明のキズやアザがある
□持ち物が壊れていたり、失くすことが多くなった
□持ち物に落書きがある
□学校や、友達のことを話さなくなる
□授業参観などの行事を隠す
□外出したがらない

□寝つきが悪いようだ、夜眠れていないようだ

表情、感情、動作のチェックリスト

□顔がこわばる
□疲れて、ぼんやりしている
□表情がなくなる
□感情の起伏が激しくなる
□兄弟げんかで手加減ができなくなる
□周囲の物音に敏感になる
□急に泣き出す、急に甘える、急に怒るなど、情緒不安定
□臭いや清潔感を、異常に気にする
□普段より暗い、または、無理に明るく演じている様子がある
□手首をかくす
□成績が落ちる

その他のチェックリスト

□新しく買ったものがなくなる
□友人が変わる
□人間関係が変化する
□イタズラ電話が増えたり、嫌がらせの手紙が届く。
□年賀状に悪口を書かれる
□大切にしているゲームソフトなどを、飽きたからあげた売ったという
□友達の荷物を持たされていることがある
□休み時間にはよく保健室や職員室へ行く
□暗い絵が多くなる

「もしかして」と思ったら

もしかして、と感じた場合、例え様子がおかしくても、
無理に問い詰めたりしないようにしましょう。

 

子供にとって、親がよき理解者、相談相手になってあげることができれば、
それは強い心の支えになります。

 

何があっても助ける、守ると伝えてあげましょう。

 

「大したことではない」「いじめられるほうが悪い」などといった言葉は、
絶対に言ってはならない言葉です。

 

そして、家族だけで悩みを抱えず、学校やいじめ相談ダイヤル、
相談所などに、相談してみてください。

 

といっても学校や先生、知人などへの相談は時間帯に気を使いますよね。
こんなときは、24時間いつでも相談できる場所があると、とても心強いですよね。

 

子供の心の扉を開くことができるのは、親、家族です。
命より大切なものなんて、ないはずです。

 

日常で発しているSOSを見逃さず、しっかりと気持ちを理解してあげることが、
いじめ解決への第一歩になります。

 

そのためにも、「忙しいからあとで」なんて言わず、
普段から子供と向き合い、コミュニケーションをとっておく必要があります。

 

そうすると、小さな変化にも早く気づくことができるのです。

いじめに合っている子供のサインについて記事一覧

 

子供が大人に相談できないのはなぜだと思いますか?いじめを受けていて、すごく苦しいはずなのに、なかなか大人に相談することができないという子供はたくさんいます。学校でのいじめは親には見えにくいものです。見えないように行われていることで、教師も知らなかったということがよくあります。そしていじめられている本人が話さないことで、さらに発覚が遅れてしまうのです。それには、様々な理由が考えられます。まず、大人に...

 
 

親が子供のいじめに気付いたら、また、子供から相談を受けたら、どのように対応すればいいのでしょうか。まずは、兄弟がそばにいない、お風呂に入っているときなど、子供がリラックスできる状態を作り、話を聞きます。過ぎてしまった原因を取り除くことはできないため、傷ついた心の痛みに寄り添そうようにまずは、ゆっくりと、そしてじっくりと話を聞いてあげることです。どのようなことがあったのか、今どんな気持ちなのか、子供...

 
 

そもそも、いじめの定義とは何なのでしょうか。大人から見れば、子供同士の単なる喧嘩や悪ふざけと「いじめ」は、見分けにくいことがありますね。ですが、客観的に大人がいじめを判断することで、悪化を防ぐことができます。では、どのようなことがあったら、いじめと言えるのでしょう。文部科学省では、平成18年から、いじめの定義が変わりました。それまでの定義では、@自分より弱い者に対して一方的にA身体的、心理的な攻撃...

 
 

いじめの種類には、いろいろありますが、残酷なものがあることを認識していますか。特に最近はインターネットやスマートフォンの普及によって、親が気づきにくいような、手の込んだいじめも多くなっています。また、いじめは学校だけでの問題ではなく、職場でも起こり得る、大人にとっても関係のあることです。いじめに早く気づいて、適切に対処するためにも、いじめの種類を知っておきましょう。まず、身体的ないじめです。男の子...

 
 

いじめの原因は、学校のいじめと、職場でのいじめでは、少し違うところがあります。学校で、職場で、なぜいじめが起こるのでしょうか。学校でいじめっ子になる子供には、共通点があります。その子の性格や、家庭環境が大いに関係しています。劣等感を抱えている子や、人を支配したいという欲求がある子は、いじめっ子になりやすいと言えます。家庭の問題でストレスを抱えており、ウサ晴らしをするようにいじめをする子供もいます。...

 
 

自分の子供がいじめられていると知ったら、どのような行動を取ればいいのでしょう。感情的になり、加害者の家に怒鳴り込んで行きたい気持ちになるかもしれませんが、まずそこはぐっとこらえましょう。怒鳴り込んだところで何の解決にもなりませんし、逆に、強迫されたと訴えられてしまうことも考えられます。相手に認めさせ、いじめをやめさせたい、謝罪させたいと思うなら、準備を整えてからです。まずは深呼吸して、子供の話をよ...

 
 

いじめ自殺によって子供を失った遺族の中には、遺書を公開している人もいます。これは、いじめの真相を究明するためと、いじめ自殺者を1人でも減らしたいという思いによるものです。不幸にして、いじめを苦にして自殺という道を選ぶ人は後を絶ちません。なぜ、彼らは死を選んだのでしょう。ここでは、インターネット上に公開された遺書の一部を紹介します。自殺にまで追い込まれた子供たちは、どのようなことを考えていたのでしょ...