子供が大人に相談しないのは?

【スポンサーリンク】

子供が親や先生に相談しないのはなぜ?

子供が大人に相談できないのはなぜだと思いますか?

 

いじめを受けていて、すごく苦しいはずなのに、なかなか大人に相談することができない
という子供はたくさんいます。
学校でのいじめは親には見えにくいものです。

 

見えないように行われていることで、教師も知らなかったということがよくあります。
そしていじめられている本人が話さないことで、さらに発覚が遅れてしまうのです。

 

それには、様々な理由が考えられます。

 

まず、大人に心配をかけたくないという理由です。
特に、親にいじめられていると伝えると、ひどく心配するだろう、悲しむかもしれない
と思って言い出せず、我慢してしまうのです。

 

無理に明るくふるまったりしてしまうのも、このタイプの子供です。

 

言いたくても、うまく言えず、結局打ち明けられないという子供もいます。

 

気づいてほしいというサインを出しているはずなので、それを見逃さず、
じっくりと時間をかけて話を聞き出してあげるといいでしょう。

 

いじめられているのを恥ずかしいと感じる子供もいます。

 

いじめられている、弱い自分を見せたくない、
また、いじめられている自分にも原因があるのではないかと悩んでいます。
特に、男の子に多くいます。

 

また、友達とのことは自分で解決しなければならないことだと思って、
大人に頼りたくはないと考えている子供もいます。

 

相談することを告げ口のように感じて、かっこ悪い、恥ずかしいと思い込んでいることもあります。
責任感の強さや、強くありたいという思いが原因となり、
相談することができなくなってしまっています。

 

大人に言っても解決しないだろうと、諦めてしまっている場合もあります。
教師や親を信頼できないと思っており、
相談しても仕方がないと、何も言わずに一人で抱えてしまいます。

信用できる環境が整っていない

以上は、いじめられている本人の内面、気持ちの問題からくるものですが、
いじめる側をおそれて大人に相談できない場合もあり、
そのようなケースでは、いじめの内容も重いものになっている可能性があります。

 

相談したら、「告げ口した、チクった」などと、さらにいじめがひどくなると恐れて相談できない。
また、何か弱みを握られていたり、脅されていて相談できないという場合もあります。

 

すでにひどいいじめを受けている可能性があるので、
なるべく早く大人が気づいてあげたいケースです。

 

さらにいじめがひどくなり、心が深く傷ついている場合、もう誰が味方で敵なのか、
分らなくなっていることもあります。
親でさえも、何か自分を傷付けることを言うのではないかと、怖くて相談できないのです。

 

万一、子供がいじめの被害に遭ったとしても、身近な大人に相談することができれば、
心も楽になり、解決の糸口が見つけやすくなります。

もしもの事前対策をしておく

普段から、子供の様子をしっかり把握しておき、
また、何かあっても子供が相談事を言いだしやすい環境を作っておくことが大切です。

 

日頃から、よく遊んでいる友達の名前や、どこでよく遊んでいるのかを把握しておきましょう。
子供の持ち物についても、いつ買ったのか、どこで買ったのか、きちんと知っておきましょう。
小遣いの使い道を、おおまかに把握しておくといいでしょう。

 

また、学校であったことや、友達との遊びのことを、
家庭でしっかり聞いてあげる習慣を作っておくといいでしょう。
子供が今どんなことに興味を持っているのかも、知っておきましょう。

 

普段から、親が子供の話をしっかり聞く環境を作っておくと、
いざというときも子供は相談しやすくなります。

 

普段の会話の中で、いじめは絶対にいけないことで、いじめられているほうが悪いのではなく、
悪いのは絶対にいじめているほうだと伝えることで、
いじめを相談しやすくなりますし、いじめる側になることも防ぐことができます。

 

そして、いつでも、子供を愛していて、大切に思っているということ、
何があっても味方になるということを、普段から伝えておきましょう。

 

また、頑張ったことや良い行いは褒めてあげる、人に迷惑をかけたり、傷つけたら叱る。

 

子供の不満や不快な気持ちなど、話をしてきたら聞いてあげる。

 

家族でも挨拶をする、家事の役割を分担し居場所を作って存在感をもたせるなど
家族の決まり事をきめるのもよいです。

 

最後に、子供同士の遊び心、悪ふざけ、ジョークの行いは
相手にとって苦痛の場合があることを教えたり、いじめは人間として許されないことで、
はやしたてたり、観ているのも同じことだと親は教えておく必要があります。

【スポンサーリンク】

関連ページ

子供への対応・話の聞き方について
子供がいじめに合っていることに気づいたら、どう聞きだせばよいのかについて。
いじめの定義って知ってますか?
いじめの定義とは何か、いじめとケンカの違いについて。
いじめの種類を知っていますか?
いじめの種類には、度が過ぎているものが多々あり、例えばどんないじめがあるのかについて。
いじめの原因と共通点はコレ!
学校いじめと職場いじめの違いについて。いじめっ子の共通点やいじめのターゲットになりやすい原因について。
子供がいじめられている時、親としての準備
子供がいじめられているかもと気づいたら、親はどう行動すれば良いのかについて。
いじめで自殺した人の遺書から学べること
いじめで追い詰められ自殺してしまった人達の遺書の中から自殺を防ぐためのメッセージについて。