いじめの種類

【スポンサーリンク】

いじめの種類

いじめの種類には、いろいろありますが、残酷なものがあることを認識していますか。

 

特に最近はインターネットやスマートフォンの普及によって、親が気づきにくいような、
手の込んだいじめも多くなっています。

 

また、いじめは学校だけでの問題ではなく、
職場でも起こり得る、大人にとっても関係のあることです。

 

いじめに早く気づいて、適切に対処するためにも、いじめの種類を知っておきましょう。

 

まず、身体的ないじめです。
男の子に多いかもしれませんね。

 

喧嘩と見分けがつきにくいこともありますが、明らかに力関係が違う場合や、
大人数対1人など、人数的に不利な状況での暴力は、いじめです。

 

殴る、蹴る、投げ飛ばす、首を絞めるなどの行為や、
タバコの火を押し当てたり熱湯をかけたり、性的なことを強要されるといったこともあります。

 

体に傷やアザができている場合や、衣服が汚れたり破れたりしていることで、
発覚につながることがあります。
子供の体や、持ち物の様子を普段からしっかり見ておきましょう。

わかりにくい精神的ないじめ

男子、女子問わず多いのが、精神的いじめです。

 

悪口を言われたり、身体的なことや容姿のことを言われたり、
家族や家庭のことを言われて、苦痛を受けることもあります。

 

嫌なあだ名をつけられたり、仲間外れにされたり、無視されたりすることもあります。
さらに、最近はインターネット、携帯電話、スマートフォンの普及により、
インターネットいじめも行われるようになり、
学校の友達の間でのいじめの主流になりつつあります。

 

メッセージのグループから自分だけ外されて、陰口を言われていたり、
インターネットに悪い噂が書き込まれていたりと、
陰湿で、加害者を特定しにくいいじめが多くなっており、解決が難しい場合もあります。

 

ですが、調査会社に調査を依頼するのもひとつの手段です。
悪口を書いている投稿者を特定できる方法も持ち合わせています。

 

殺人予告など、事件性がある場合は警察にも相談しましょう。

 

精神的ないじめは、いじめられている側の心を追い込み、一生の傷を作ってしまうものです。
早期発見して、重症化を早めに防ぎたいところです。

 

学校でのいじめは、生徒によるものだけではないかもしれません。
時に、教師までもが加害者になっている、最悪のケースもあります。

 

いじめに教師まで加担しているパターンや、教師の指導が明らかにおかしい場合、
また、教師から性的ないたずらを受けていることもあります。

 

この場合、学校への連絡に加えて、専門機関や調査会社に調査を依頼するといいでしょう。
「子供が学校に行きたくない」という場合には無理に学校に行かせず、
家でじっくりと話を聞いてみましょう。

セクハラとパワハラ

そして、最近は学校でのいじめだけではなく、職場でのいじめも問題となっています。

 

職場いじめは、大きく分けてふたつ、「セクハラ」と「パワハラ」があります。

 

セクハラはセクシュアルハラスメントの略で、性別を理由に職場で差別されたり、
性差による発言、行動による嫌がらせのことを言います。

 

ずっと問題にされてきたセクハラ問題ですが、被害が減ることはなく、最近でも、
都議会におけるセクハラ野次が大問題となったほどです。

 

セクハラに対して、パワハラは(パワーハラスメントの略です。)
セクハラに比べると少し認知度は下がりますが、近年問題になっていてよく耳にする言葉です。

 

パワハラは職場での力関係を盾にいやがらせが行われることで、
仕事上の上下関係を不当に利用した嫌がらせです。

 

解雇を盾におどされたり、ミスを必要以上に責めたり、
残業をいつも強要されるなどの行為は、パワハラにあたります。

 

被害者は、誰にも言いだせずに泣き寝入りしてしまうこともよくあります。
また、就労時間外の、飲み会の席などで行われる嫌がらせも、パワハラになります。

 

このような職場のいじめは、泣き寝入りに終わってしまうことが多く、
被害者側が耐えられず、自主退社に追い込まれることもあります。

 

会社の中にセクハラ対策、パワハラ対策の相談窓口がある場合は、必ず相談してみましょう。
相談する前に、嫌がらせの内容をメモして時系列にまとめるなど、
証拠を集めておくといいでしょう。

 

証拠集めが自分では難しい場合、プロの探偵事務所などに相談するとよいでしょう。
依頼する場合には、小さな会社ではなく、TVなどで信頼があり
いじめ解決の実績もある原一探偵事務所はおススメです。

 

問題が解決しない場合は、得た証拠品をもとに弁護士に相談して
裁判に持ち込むということも考えることができます。

【スポンサーリンク】

関連ページ

子供が大人に相談できない理由について
子供が両親や先生など、いじめられていることを大人に相談できない理由は何かについて。
子供への対応・話の聞き方について
子供がいじめに合っていることに気づいたら、どう聞きだせばよいのかについて。
いじめの定義って知ってますか?
いじめの定義とは何か、いじめとケンカの違いについて。
いじめの原因と共通点はコレ!
学校いじめと職場いじめの違いについて。いじめっ子の共通点やいじめのターゲットになりやすい原因について。
子供がいじめられている時、親としての準備
子供がいじめられているかもと気づいたら、親はどう行動すれば良いのかについて。
いじめで自殺した人の遺書から学べること
いじめで追い詰められ自殺してしまった人達の遺書の中から自殺を防ぐためのメッセージについて。